So-net無料ブログ作成

日本株は輸出主導の下げ続く、円高警戒強い-米FOMC控えこう着 [為替レート]

8月9日:午後の日本株相場は下落。米連邦準備制度理事会(FRB)が今週、追加の金融緩和を実施するとの見方から為替相場で円高が進行、収益への悪影響が警戒され電機、輸送用機器、精密機器など輸出関連株中心に安い。米連邦公開市場委員会(FOMC)の開催を控えて様子見姿勢も強く、相場はこう着状態だ。

  午後の日経平均の値幅は20円程度にとどまっている。10日にFRBがFOMCを開催するため、金融政策の動向を見極めようと積極的な売買を見送る市場参加者が多い。為替市場では、FRBは追加の金融緩和策に踏み切るとの見方が広がっており、ドルが軟調推移。ニューヨーク時間10日には一時1ドル=85円2銭と、昨年11月27日以来の円高・ドル安水準を付けた。週明け午後の東京市場では、ややドルが戻し、同85円40銭付近で推移するが、円高警戒感は強い。

  午後2時1分現在の日経平均株価は前日比96円34銭(1%)安の954578銭。TOPIXは同5.70ポイント(0.7%)安の855.47。東証1部33業種は21業種が下落、上昇は12。

  東証1部の売買代金上位には、トヨタ自動車、キヤノン、ホンダ、日立製作所、東芝、ファナックなどが下げて並ぶ。TOPIXの下落寄与度1、2位は電機、輸送用機器。

  個別では、高進行と株安によるその他の包括損失の計上で、4-6月の連結営業利益は前年同期比87%減となった日本電波工業が急落。半面、日本国内や北米で自動車座席の販売が好調に推移しているとし、11年3月期の連結純利益予想を36億円から53億円に47%引き上げたタチエスが3日続伸している。

為替元ってなんだ? [為替レート]

為替変動がとても激しい時期をなんとか乗り越え、今はある程度安定した為替レートとなっています。
それでも、以前と比較すれば円高傾向にあるといえます。

今のような円高傾向の時期には特に為替での投資がお勧めです。今まで為替に興味がなかった人もこれを機に始めた人も少なくありません。今こそ、為替を始めるチャンスなのです。

そんな中、為替元が話題となってます。
為替元の元とは、中国の通貨単位である人民元を表しています。

為替元をするのはFXがお勧めです。
FXならば手数料も安く、リアルタイム取引も可能ですし、小額から取引することができるからです。

為替元は初心者でもFXならば簡単です。

為替元が注目を集めている理由は、元が近い将来、また切り上げされるのではないかと多くの投資家が考えているからです。

そのため、今後の人民元の動向に注目が集まっているのです。

イラクディナールの為替レートが少し値下がり [為替レート]

イラクディナールの為替レートは少し変動していて今日現在で2025.75円となっていました。

私が25,000イラクディナールを10枚購入した時よりも微妙に値下がり推移していました。(涙)

米ドルの影響を受けて、対・円での為替交換レートも過去データで予想されるとおりに下がっているようですね。

このところのニュースでも、国内の選挙についてが多く、あまり中東の経済情勢を組んでいるニュース番組や情報が少ないので、どのような為替レートの変動や推移に影響が出ているか予想のデータが分かりません。

現状ではワールドカップ景気やオリンピック景気を期待しても内政が安定していない国では開催に無理がありますので、直近の8年ぐらいはこの手の景気底上げによる為替レートの値上がりや内需・外需を含めた拡大は期待できません。

そうこうしているうちに、先進国を中心に代替エネルギーの研究・開発が進歩して普及してしまうと石油化学製品としての需要に頼るようになってしまわないかと心配してしまいます。

地球環境問題と、私の小さなイラクディナール紙幣への投資ではどちらが大切かといえば全く比較にならないのですが、それでもやっぱり期待はしているので、どんな方向性であれ値上がりしてほしいものです。

あまり我々の日常生活において関心の少ない外国だけどイランもイラクも喧嘩ばかりしていないでもっと平和になればいいのに。

そうすれば、世界的な経済にとっても良いことづくめだと思うんですが。

もちろん、私の少額の資産(イラクディナールへの投資)にとってもプラスなんですが。

米ドル(USD) 為替レート(2010-07-01) [為替レート]

その 米ドル(USD) 為替レート 米ドル 通貨のコンバーターのページ . その 米ドル(USD) 為替レート このページ上で表される、5分ごとに更新されます!
国家 ――― ペアリング ――― 為替
シンガポール・ドル ――― USD/SGD ―――1.4
日本円 ――― USD/JPY ―――88.405
スイス・フラン ――― USD/CHF―――1.0775
UKポンド ――― USD/GBP ―――0.6683
人民元 ――― USD/CNY ――― 6.7865
デンマーク・クローネ ―――USD/DKK ―――6.0896
香港ドル ――― USD/HKD ―――7.7867
アンティルギルダー ――― USD/ANG ――― 1.7919
ホンジュラス・レンピラ ――― USD/HNL ――― 18.92
南アフリカ・ランド ――― USD/ZAR ――― 7.6712
カナダドル ――― USD/CAD ――― 1.0633
インド・ルピ――― USD/INR ―――46.78
韓国ウォン――― USD/KRW ――― 1221.1
マレーシア・リンギット―――USD/MYR ――― 3.2439
メキシコ・ペソ―――USD/MXN―――12.831
ニュージーランド・ドル―――USD/NZD―――1.4563
ノルウェー・クローネ――― USD/NOK ―――6.5171
スウェーデン・クローナ――― USD/SEK ―――7.7898
ブラジル・レアル ――― USD/BRL ――― 1.7945
アルバ・フロリン ――― USD/AWG ――― 1.7897
スリランカ・ルピー ――― USD/LKR―――113.6
シリア・ポンド ――― USD/SYP ――― 47.05
ユーロ ――― USD/EUR ―――0.8174
オーストラリア・ドル ――― USD/AUD ―――1.1876

為替レートと人民元FX [為替レート]

為替レートの変動がサブプライムローン問題でとても激しい時期が続いていました。ドルの為替レートの変動は他の通貨はもちろん、日本株まで影響を及ぼします。

最近特によく耳にするようになった為替レートという言葉ですが、この為替レートとはどういった意味なのでしょうか。

為替レートとは通貨間の比率を表したもので、1ドル~円といったものが為替レートです。
為替レートとは、為替相場とも言われます。

今の時期は円高ですから、通貨が通常よりも安く購入できるチャンスです。
そこで、為替取引をするならばFXがお勧めです。
FXならばリアルタイム取引も可能で、通貨ペアもたくさんあります。

そのFXで人気の通貨が人民元です。
人民元は中国の通貨単位で、「RMB」「CNY」と表記されます。

人民元が人気の理由は、人民元が近々切り上げされるのではないかと考えられているからです。

人民元は、円での取引も可能です。

外国為替市場はどこにある? [為替レート]

ニュースなどでは「今日の外国為替市場は」と外国為替市場という言葉が使われていますが、株式投資における証券取引所のように実際に外為が取引されている具体的な場所はありません。外国為替市場とは、外国為替が取引されている場すべてを指します。たとえば、私が銀行に米ドル預金をする場合、そのときの取引も広義には外国為替市場といえるわけです。ただし、狭義にはインターバンク市場という銀行間取引市場を指します。

外国為替市場とはいったいどんな市場なのか?

狭義に外国為替市場という場合、銀行間における為替取引(インターバンク市場)のことを指します。インターバンク市場とは、銀行・為替ブローカー・金融当局の3者で構成されています。ただし、インターバンク市場という特別な取引所があるわけではありません。基本的に、為替取引は取引当事者同士がお互いに条件を出して取引をする相対取引(あいたいとりひき)と呼ばれる取引が行われます。

個人投資家が外国為替取引をするには?

個人投資家が外国為替取引をする場合は、基本的には銀行などの金融機関取引をすることになります。個人投資家の外国為替投資の場合も、原則として「相対取引」が基本となりますが、現在は個人投資家を対象とした為替の取引所が開設されており、取引所取引も可能となります。

円高・円安のしくみ [為替レート]

円安とは

ドルとの取引を考えた場合、1ドル100円で取引されている為替レートが、1ドル110円になることを円安と呼びます。円安=円の数字がが大きくなっているので、勘違いされるかたが多いですが、1ドル100円が1ドル110円になるということは、今まで100円出せば1ドルの商品が買えていたのに、1ドル110(円安)になると1ドルの商品を買うために110円を出す必要があるのです。
つまり、円安=円の価値が相対的に下がることを指します。「相対的」というのは、円の価値低下または、円取引相手通貨の価値上昇により引き起こされるためです。つまり、円の価値は下がらなくても、取引相手通貨の価値が上がると、相対的に価値が下がってしまうわけです。
円安になると、経済にどんな影響がある?

円安になると、経済・景気にはどのような影響があるのでしょうか。基本的に日本は素材・材料を輸入して、それを加工して輸出する加工貿易が産業として大きな影響を受けています。そのため、経済全体には安=商品が高く売れるということになりますので、円安が経済に対しては有利です。
輸出産業:有利
輸入産業:不利
海外旅行:不利


円高とは

ドルとの取引を考えた場合、1ドル100円で取引されている為替レートが、1ドル90円になることを円高と呼びます。円安とは反対に、これまで1ドルの商品を買うのに100円必要だったのに、円高になることで、90円で同じ買い物をすることができます。つまり、円高=円の価値が相対的にあがることを指します。「相対的」というのは、円の価値上昇または、円取引相手通貨の価値下落により引き起こされるためです。
円高になると、経済にどんな影響がある?

円高になると、輸入する際に、少ないお金で海外からモノを買い付けることができます。そのため、海外のブランド品などをやすく輸入できます。よく「高還元セール」などと銘打たれることありますが、これはこういった仕組みによるものです。逆に、輸出企業は販売した商品を安くしか売れませんので利益が減少してしまいます。
輸出産業:不利
輸入産業:有利
海外旅行:有利

為替レートはどうして変動する? [為替レート]

変動相場制においては原則として需要と供給により為替レートは変動しています。為替レートの水準も株と同じように、買いたいと思うほうが強くなり、売りたいと思われるほうが安くなります。ただし、為替レートは株式投資とは異なり、原則として相対評価であることに注意が必要です。株式投資の場合、企業の株価が円という絶対的な基準により評価されます。
一方為替取引の場合、双方の相対評価である点に注意が必要です。たとえば、円とドルの取引で考えた場合、円高・円安に動く場合、円が買われると円高になりますが、逆にドルが売られることでも円高となります。円が買われた場合は、通常ユーロに対しても強くなりますが、ドルが売られて円高になった場合は、必ずしもユーロに対しても強くなるとは限りません。

外国為替 過去のレートデータを分析 [為替レート]

過去の外国為替レート、相場を把握しておくと、将来の為替相場予測がしやすくなるはずです。FX投資のベテランも、外国為替の過去の動きを分析し、将来の予測を立てています。

過去に比べて高値圏にあるのか?FX口座の資金を多めに入れておいたほうが良いのか?レバレッジはどの程度が良いのか?しっかり為替値動きの予測を立てて、今後のFX投資に役立ててください。FX必勝法の極意は、過去の為替レート、相場の動きにありです!

2007年3月の為替相場を振り返ってみると、世界同時株安の影響を受け、円高へと大きくレートが動きました。後半は117円~118円で米ドル円は推移していきました。

為替王さんのブログによると、日本(日経平均やTOPIX)は2%前後下落。海外の主要先進国の株価は、NYダウが+0.7%、英国が+2.2%、ドイツが+3.0%など、およそ0~3%程度上昇したようです。特に新興諸国の株価回復力は目覚しく、月間上昇率はブラジル+4.4%、ロシア+4.2%、そして中国は+10.5%でした。

世界同時株安のきっかけを作った中国が、2桁の驚異的な伸びを記録した一方で、その影響を被った隣国の日本が下落幅を回復できていないのは興味深い、と為替王さんもおっしゃっています。

円は世界で類を見ない低金利通貨です。そのため世界中の為替相場で注目を集めています。たんに日本の景気だけでなく、外国人投資家の動きが為替相場に大きく影響を与えていることが推測されるでしょう。

外国為替レートの過去の推移を理解してシミュレーションする [為替レート]

「外国為替レートの推移」と言った時、それは「過去」のものもあります。
これを観ることによって、過去の外国為替レート推移から取引の上下の波がどのように訪れるのか、また、世界情勢と照らし合わせたときにどのような変化があるかが知ることが出来ます。
過去のものも利用する価値があるわけです。

また、最初は取引をしないで外国為替レート推移にだけ着目してシュミレーションを繰り返してみると良いかもしれません。

外国為替レート推移に見慣れていない場合で、為替取引を行いたい場合には、外国為替取引のシュミレーションサイトを利用して実際の取引の練習を行うと良いかもしれません。

「外国為替レート推移」を理解できるようになれば、通貨を交換するときの比率の相場感を得ることにもなります。

そのため、しっかりと見極める目を持っていれば、長期でも短期でも損失を減らして利益を上げることが出来るはずです。

外国為替レート推移を見る目を養って、的確な取引を行い、儲けを生み出して生きたいところですよね。

だからといって、あまり難しく考えないで、柔軟な思考を持って取り組んでいけば、間違いなく分かりやすく観ていくことが出来ると思います。
その点をしっかりと学びたいところです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。