So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

人民元FXとチャート [為替レート]

為替取引をする際、チャートを見ることが多いと思います。

このチャートとは、一日の値動きをグラフ化したものです。

チャートは、過去の値動きを把握するだけでなく、今後の値動きを予測するにも活躍します。

つまりチャートは、為替取引においてとても重要な役割を果たしているのです。

為替取引をするならば、FXがお勧めです。FXではリアルタイムで取引できる上に、チャートもリアルタイムで確認することができます。

また、今FXで注目を集めている通貨が人民元です。

人民元は、2005年に切り上げされたばかりですが、今後もまた切り上げされる可能性が高いと考えられています。

そして、人民元はほぼ固定レートなので為替の変動がほとんど起こらないというのも特徴の一つです。

また、人民元は15.5円と比較的安く手に入れることができます。

そういった点から、人民元はが今注目を集めているのです。

外国為替相場は国力の鏡 [為替レート]

「外国為替相場は国力の鏡」という言われ方をします。外国為替相場で交換取引される異なる2国の通貨は、使用する通貨を交換するだけではありません。たとえば日本人がアメリカ旅行をするために日本円を米国のドルに交換する行為は、米ドルを使用するための外国為替取引(交換取引)になります。

しかし外国為替相場では、絶え間なく流れてくる各国の経済情勢や経済予想、事故、気候変動によるニュースにも敏感に反応をします。

例えば米国の雇用情勢が悪い(米国雇用統計の数字が事前予想よりマイナス発表がされた)、政策金利の引き上げ観測がだされた(FRB議長がFFレートの引き上げに関するコメントを発表した)、米国の西部沿岸地域がハリケーンで被害を受けそうなど、様々なニュースをもとに米ドルは買われたり、売られたりします。そして米ドルを受け取る(買う)ためには、払う(売る)通貨があるわけです。それが日本の円であったり、ユーロであったりします。このように買いたい通貨があれば、売りたい通貨が存在するのです。当然売りたい通貨は、その国の経済情勢がよくなかったり、経済成長が見込めない国の通貨であったりします。このように外国為替相場の為替レートの動向をみると世界中の人たちが、その国をどのように見ているのか、また世界経済の動向をどのように判断しているのかを見ることができるのです。

為替レートが変動する理由 [為替レート]

為替レートは変動するということを説明しましたが、ここでは、為替レートはどういった理由で変動するのか?どういった流れで為替レートが変わっていくのかを開設していきます。

為替レートはなぜ変動する?

為替レートが変動するのは、それが需要と供給により取引されるためです。為替取引は、ある通貨を売って別の通貨を買うという流れになります。この場合、たとえば、私たちが通常ドルを買う場合、普通は「円を売ってドルを買う」という流れとなります。この時、通貨の買い手は、ドルが1ドル○○円なら買うという注文を出します。そして、それに応じる相手がいる場合だけ取引が成立します。

このとき、ドルを買いたいという人が多ければ、当然高いレートでも買いたいという人が増えてきます。この場合、ドルが買われて、円が売られる結果となりますので、為替レートは円安ドル高になります。逆に、ドルを売りたいという人が多ければ、安いレートでも売りたいという人が増えて、ドルが売られて円が買われる結果となるので、為替レートは円高ドル安へと変動します。

このように、為替レートが変動するのは、通貨の買い手と売り手のバランスが一方方向に動くためです。通貨を買いたいという投資家が増えれば為替は高くなり、逆に通貨を売りたいという投資家が増えれば為替は安くなります。
為替レートの変動要因

為替レートは、売買の需給により決定することになります。しかし、需要と供給のバランスが動くのには理由があります。為替投資においては、こうした需要と供給が動く理由を見極める必要があります。為替レートが変動する理由には様々なものがありますが、代表的なものとして以下のような変動要因があります。
なお、「円高・円安のしくみ」で説明したように、通貨取引は対となる通貨との相対評価となります。

国の経済成長
通貨を発行する国の経済成長は為替レートの変動要因のひとつです。経済成長率が高い国の通貨ほど、通貨需要が大きくなるため、為替レートは高くなります。

国の健全性・リスク
通貨を発行する国の健全性も為替レートの変動要因です。国の健全性が高い国ほど、安全性が高い資産とみなされ需要が高まり、通貨は買われます。逆に、健全性が低い国(借金の多さ・政治の安定性など)ほど、通貨は売られます。

市場金利の変化
通常、市場の金利は通貨ごとに異なります。それは、各国の中央銀行(通貨の発行元)がそれぞれの通貨の短期金利をコントロールしているためです。金利が高い通貨は、当然運用益も高くなりますので。一般に金利が高くなるほど、通貨も買われやすくなります。

外貨預金・外貨MMF・FXの手数料(為替手数料) [為替レート]

為替手数料で言うと、外貨預金が最も不利で、FX(外国為替証拠金取引)が最も有利となります。為替取引における手数料は取引額に対して大きな影響を与えます。手数料片道50銭といわれてもたいした金額ではないように感じるかもしれませんが、仮に米ドル為替レートが1ドル=100円と考えた場合、

外貨預金:片道:50銭-1円→往復で1円~2円(手数料率1%~2%)
外貨MMF:片道:20銭-50銭→往復で40銭~1(手数料率0.4%~1%)
FX:片道:5銭→往復で10銭(手数料率0.1%)

以上のようになります。往復とは、外貨投資の場合、円→外貨→円という取引をして始めて利益確定ができるため、最低2回の取引が必要となるためです。行きと帰りで往復。

さて、「外貨投資の比較表」を見ていただくと分かるとおり、米ドルの預金金利は現在0.05%程度です。対して、外貨預金の手数料率は1-2%。つまり、1年間預金しても、円に戻したら大きな赤字となってしまうわけです。一方で、手数料の安いFXの場合は、金利0.5%で手数料率0.1%ですので黒字になります。

為替レートの読み方 [為替レート]

為替レートは、ニュースなどで「本日の外国為替相場は1ドル100円20銭~30銭で取引されています」などと読み上げられることもありますから、耳にされたことも多いかと思います。しかし、実際にはどのようにして注文(売買)がされているのかを具体的に理解されている方は少ないのではないでしょうか?ここでは、為替レートがどのように読まれており、具体的にどのような価格で売買されているのかをわかりやすく説明していきます。

ビッドレートとオファーレート

前述の例で「1ドル10020銭~30銭」というように書きましたが、これは1ドル100円20銭から100円30銭というファジーな価格で取引されているということではありません。「1ドル100円20銭をビッドレート、1ドル100円30銭をオファーレート」と読んでいます。

ビッドレート:この値段なら買いますよという提示価格(売値)
オファーレート:この値段なら売りますよという提示価格(買値)

を指しています。このような買値と売値の両方の価格を提示することをツーウェイプライス、ツーウェイクォーテーションとよび、こうした取引をオファービッド方式といいます。。なお、ビッドレートとオファーレートの差額(この場合10銭)を「スプレッド」と呼びます。これは売主側の手数料(利ざや)部分となります。

為替レートの推移と為替相場 [為替レート]

為替レートの推移を、毎日インターネットで確認する人も増えているようです。為替の種類には韓国ウォンや南アフリカランド、豪ドル、香港ドル、トルコリラ、ニュージーランドドル、台湾ドルなど、国によって様々な通貨が存在し、日々為替レートの変動が発生しています。

日本では、手数料無料のFX会社が増えてきており、最近ではより身近な投資の分野になってきています。為替レートの推移は基準とするものによっていろいろあります。
例えば、一日の間の為替レートの推移では、リアルタイムに毎秒更新されていっているものがあり、1分、5分、30分、1時間ごと、あるいは1日や1週間といったものもできます。
為替レートを推測する上では、どのようなデータをどう用いるかが大切になってきます。

為替レートの推移は、株価の推移と同様に移動平均線によって表されることがよくありますが、移動平均線というのは、例えば2日移動平均線であれば、昨日と今日、今日と明日というふうに2日ごとの平均を出してつないであります。

外国為替レートの推移を確認するには、2日平均移動線と15日平均移動線などを組み合わせて行うのが一般的な方法になっていますが、移動平均線でわかる為替レートの推移を重ねてみると、さまざまなことがわかってきます。

円ドル為替レートの推移

円ドルの為替相場で見てみると、ほぼ一貫して上昇してきています。戦後、固定相場制がひかれ、円ドル相場はまず1ドル=360円という水準からスタートしました。

その後、1ドル=308円(スミソニアンレート)という時代を経て、1973年2月より完全が変動相場制に移行しました。

円の国際的なレベルでの価値は上昇をしし続け、現在、1ドル=100円台、日本の経済成長率が群を抜いた高さであったことを意味しています。

2008年度の為替レートの推移は、1月末1ドル=106.40円に始まり、3月末1ドル=100.19円という円高を記録、6月末1ドル=106.42円と少し落ち着いてきています。


人民元為替レートの推移

人民元の為替レートでは、円と元の為替相場と、円ドルの為替相場ではほぼ同じように推移しています。
レートの目盛りが同一レンジにおさまるように範囲を調整しているもので、人民元と米ドルが固定されています。

ルーブル為替レートの推移

ロシアの通貨であるルーブルの為替レートを見てみると、米ドルの対円為替レートとルーブルの対円為替レートの推移の形状が酷似しています。
これは、ロシアの国策であり、ルーブルと米ドルの為替レートが固定するよう為替介入しているからです。しかし、2005年2月より米ドルとユーロとルーブルの為替レートを連動させる「通貨バスケット制」の導入に切り替わっています。
このように、為替レートの推移を眺めていると、その国の金融政策がわかると言えましょう。

為替介入で発行したFB償還、政府・日銀が協調対応 [為替レート]

東京 1日 ロイター] 政府筋は1日、政府・日銀が6年半ぶりに実施した為替市場介入に伴って日銀が引き受けている政府短期証券(FB、3カ月物)の償還について、国庫の資金繰りや市場への影響などを踏まえ、日銀と協議しながら適切に対応する方針であることを明らかにした。

 ロイターに対して語った。

 政府方針は、現下の為替や経済状況を踏まえた政府・日銀の連携を示すもので、日銀も前向きに対応すると見られている。

 今回の政府方針では、為替介入に伴って日銀が引き受けているFBの償還について「国庫の資金繰りや市場への影響などの諸般の状況を踏まえ、日銀とも協議しながら適切に対応する」としている。

 為替介入で政府が発行した政府短期証券は、現在、日銀が一時的に引き受けているが、1999年にFBの公募入札導入に際して交わした取り決めでは「日本銀行が引き受けたFBについては、可及的速やかに償還する」こととなっており、早期に繰上償還することが前提となっている。ただ、政府は現下の不安定な為替・経済状況を踏まえれば、市場への影響にも配慮して慎重に対応する必要があると判断しており、繰上償還に際して市中発行とならない国庫余裕金の活用も念頭にあるとみられる。

 財務省が9月30日に発表した8月30日から9月28日までの介入実績によると、6年半ぶりの介入に踏み切った9月15日以降の介入額は2兆1249億円に達した。政府は、今後も市場動向をにらみながら必要に応じて為替介入を実施する方針。日銀も為替介入を受けて「強力な金融緩和を推進する中で、今後とも金融市場に潤沢な資金供給を行っていく方針」とする白川方明総裁談話を発表している。政府・日銀が介入に伴って発行されるFBの償還をめぐって協調して対応する姿勢を示すことで、介入効果の持続性を狙う。

為替レートはどうやって決まるの? [為替レート]

為替レートは一般的に、国の経済力の強さやその国の金利(短期金利)によって変化するといわれています。例えば、「円」と「ドル」の2つの通貨しか存在しないとします。現在の為替レートは1ドル=100円だと仮定します。

この時、円の預金金利が1%、米ドルの預金金利が5%だったとしましょう。この場合、1年後も為替レートが同じと考えるのならば、100万円をもっている投資家は円をドルに交換して(円売りドル買い)、1年後に円に戻せば、円のままでしたら、101万円ですが、一度ドルにしておき一年後に円に戻せば105万円になっています。つまり、ドルで資金を運用(預金)した方がお得ということになります。

こういう状態では、多くの人がこの投資家と同じように考えて、円を売ってドルを買うようになります。こうなると、株価の変動と同じように、ドルの価値が高くなります。すると、これまで1ドルが 100円で取引されていたのが、1ドルが103円で取引されるようになります。こういった状態を円安ドル高と呼ばれます。

もちろん、為替レートは金利水準だけで決まるわけではありません。通貨というものはその国が破綻してしまった場合は紙くずになってしまいますので、その国の「信頼性」も重要です。戦争が起こるとドルが買われるのは「有事のドル買い」と呼ばれています。この他、経済力の強い国や発展している国はその後の経済成長で購買力が上昇しますので、通貨が買われます。日本が戦後1ドル360円の水準から現在の100円前後の水準にまで円高となっているのはこうした背景もあります。

オーストラリアドルの推移 [為替レート]

為替取引の際、レートがどれくらいで推移しているかで次の手が決まってきます。
レートの推移は常に気にしているという人も少なくないはずです。

レートの推移を確認するにはチャートが一番です。チャートで今後の推移を予想をします。

しかし、予想通り推移するとは限りません。そんな時、思わぬ損失を招いてしまうこともあります。

そこで、為替取引にはFXがお勧めなのです。
毎日付いてくるスワップ金利がその穴埋めという役割を果たしてくれます。

特に、今はオーストラリアドルが人気です。
オーストラリアドルは高金利通貨の代表格です。FXスワップ派でオーストラリアドルの存在を知らない人はいないでしょう。FXをしない人でもオーストラリアドルが高金利通貨ということを知っている人もいるほど有名なのです。

オーストラリアドル程の高金利通貨ならば、スワップ金利が予想通りの働きをしてくれるでしょう。

円ドル為替レート推移でわかる小沢鳩山つぶしの本当の狙い [為替レート]

このしつこさの源がどこにあるかといえば、ずばり郵政マネー流出をあてにした金融マフィア連中であることは前の記事でも述べたとおりです。日本売りでぼろもうけを狙っていたのに、第二の金融危機で裏目にはまり、損切りギリギリまで追い詰められている・・・一連のしつこいマスコミのネガキャン報道は、ある意味金融マフィアの断末魔の叫びに他ならないと感じています。

小泉政権誕生から今までの10年間の円ドル為替レート日経平均株価の推移をみると、日本から富を収奪してきた金融マフィア連中のシナリオと、そのシナリオが、民主政権誕生=亀井郵政防衛により狂い始めて、連中あせっていることが手に取るようによくわかります。

本来なら郵政マネーが大量流出して、ドル建て資産が900兆になるタイミングで、日本売りをしかけ、日本国民を動揺させたところで、一転、数年後に紙くずになるドル建て資産との交換で、日本国内の優良資産を買い叩く予定だったんでしょうが・・・そうは問屋が卸しません。

郵政マネー流出に歯止めをかける亀井大臣の防衛策の登場で足踏みを余儀なくされているうちに、ドバイ危機、ギリシャ危機で、高という逆の流れになってしまってみるみる損失を拡大して、このペースだとあわや大破産という悪夢が現実のものになっているわけですから、金融マフィア連中も必死にならざるえないでしょう。

いままで日本国民の苦しみとひきかえに、さんざんうまい汁を吸い続けてきた金融マフィアの連中ですが、金融バブル崩壊で急に立場が悪くなっていい気味です。追い詰められ小沢失脚の先にある亀井大臣更迭、小泉郵政マネー放出路線の復活による”国債暴落””危機”=アメリカより先行する”日本沈没”での逆転の大もうけを夢見て、わずかの可能性にも起死回生の望みをかけているのかもしれません。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。