So-net無料ブログ作成

為替レートの読み方 [為替レート]

為替レートは、ニュースなどで「本日の外国為替相場は1ドル100円20銭~30銭で取引されています」などと読み上げられることもありますから、耳にされたことも多いかと思います。しかし、実際にはどのようにして注文(売買)がされているのかを具体的に理解されている方は少ないのではないでしょうか?ここでは、為替レートがどのように読まれており、具体的にどのような価格で売買されているのかをわかりやすく説明していきます。

ビッドレートとオファーレート

前述の例で「1ドル10020銭~30銭」というように書きましたが、これは1ドル100円20銭から100円30銭というファジーな価格で取引されているということではありません。「1ドル100円20銭をビッドレート、1ドル100円30銭をオファーレート」と読んでいます。

ビッドレート:この値段なら買いますよという提示価格(売値)
オファーレート:この値段なら売りますよという提示価格(買値)

を指しています。このような買値と売値の両方の価格を提示することをツーウェイプライス、ツーウェイクォーテーションとよび、こうした取引をオファービッド方式といいます。。なお、ビッドレートとオファーレートの差額(この場合10銭)を「スプレッド」と呼びます。これは売主側の手数料(利ざや)部分となります。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。