So-net無料ブログ作成
検索選択

為替レートと人民元FX [為替レート]

為替レートの変動がサブプライムローン問題でとても激しい時期が続いていました。ドルの為替レートの変動は他の通貨はもちろん、日本株まで影響を及ぼします。

最近特によく耳にするようになった為替レートという言葉ですが、この為替レートとはどういった意味なのでしょうか。

為替レートとは通貨間の比率を表したもので、1ドル~円といったものが為替レートです。
為替レートとは、為替相場とも言われます。

今の時期は円高ですから、通貨が通常よりも安く購入できるチャンスです。
そこで、為替取引をするならばFXがお勧めです。
FXならばリアルタイム取引も可能で、通貨ペアもたくさんあります。

そのFXで人気の通貨が人民元です。
人民元は中国の通貨単位で、「RMB」「CNY」と表記されます。

人民元が人気の理由は、人民元が近々切り上げされるのではないかと考えられているからです。

人民元は、円での取引も可能です。

外国為替市場はどこにある? [為替レート]

ニュースなどでは「今日の外国為替市場は」と外国為替市場という言葉が使われていますが、株式投資における証券取引所のように実際に外為が取引されている具体的な場所はありません。外国為替市場とは、外国為替が取引されている場すべてを指します。たとえば、私が銀行米ドル預金をする場合、そのときの取引も広義には外国為替市場といえるわけです。ただし、狭義にはインターバンク市場という銀行間取引市場を指します。

外国為替市場とはいったいどんな市場なのか?

狭義に外国為替市場という場合、銀行間における為替取引(インターバンク市場)のことを指します。インターバンク市場とは、銀行・為替ブローカー・金融当局の3者で構成されています。ただし、インターバンク市場という特別な取引所があるわけではありません。基本的に、為替取引は取引当事者同士がお互いに条件を出して取引をする相対取引(あいたいとりひき)と呼ばれる取引が行われます。

個人投資家が外国為替取引をするには?

個人投資家が外国為替取引をする場合は、基本的には銀行などの金融機関取引をすることになります。個人投資家の外国為替投資の場合も、原則として「相対取引」が基本となりますが、現在は個人投資家を対象とした為替の取引所が開設されており、取引所取引も可能となります。

円高・円安のしくみ [為替レート]

円安とは

ドルとの取引を考えた場合、1ドル100円で取引されている為替レートが、1ドル110円になることを円安と呼びます。円安=円の数字がが大きくなっているので、勘違いされるかたが多いですが、1ドル100円が1ドル110円になるということは、今まで100円出せば1ドルの商品が買えていたのに、1ドル110(円安)になると1ドルの商品を買うために110円を出す必要があるのです。
つまり、円安=円の価値が相対的に下がることを指します。「相対的」というのは、円の価値低下または、円取引相手通貨の価値上昇により引き起こされるためです。つまり、円の価値は下がらなくても、取引相手通貨の価値が上がると、相対的に価値が下がってしまうわけです。
円安になると、経済にどんな影響がある?

円安になると、経済・景気にはどのような影響があるのでしょうか。基本的に日本は素材・材料を輸入して、それを加工して輸出する加工貿易が産業として大きな影響を受けています。そのため、経済全体には安=商品が高く売れるということになりますので、円安が経済に対しては有利です。
輸出産業:有利
輸入産業:不利
海外旅行:不利


円高とは

ドルとの取引を考えた場合、1ドル100円で取引されている為替レートが、1ドル90円になることを円高と呼びます。円安とは反対に、これまで1ドルの商品を買うのに100円必要だったのに、円高になることで、90円で同じ買い物をすることができます。つまり、円高=円の価値が相対的にあがることを指します。「相対的」というのは、円の価値上昇または、円取引相手通貨の価値下落により引き起こされるためです。
円高になると、経済にどんな影響がある?

円高になると、輸入する際に、少ないお金で海外からモノを買い付けることができます。そのため、海外のブランド品などをやすく輸入できます。よく「高還元セール」などと銘打たれることありますが、これはこういった仕組みによるものです。逆に、輸出企業は販売した商品を安くしか売れませんので利益が減少してしまいます。
輸出産業:不利
輸入産業:有利
海外旅行:有利

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。