So-net無料ブログ作成
検索選択

為替レートはどうして変動する? [為替レート]

変動相場制においては原則として需要と供給により為替レートは変動しています。為替レートの水準も株と同じように、買いたいと思うほうが強くなり、売りたいと思われるほうが安くなります。ただし、為替レート株式投資とは異なり、原則として相対評価であることに注意が必要です。株式投資の場合、企業の株価が円という絶対的な基準により評価されます。
一方為替取引の場合、双方の相対評価である点に注意が必要です。たとえば、円とドルの取引で考えた場合、円高・円安に動く場合、円が買われると円高になりますが、逆にドルが売られることでも円高となります。円が買われた場合は、通常ユーロに対しても強くなりますが、ドルが売られて円高になった場合は、必ずしもユーロに対しても強くなるとは限りません。

外国為替 過去のレートデータを分析 [為替レート]

過去の外国為替レート、相場を把握しておくと、将来の為替相場予測がしやすくなるはずです。FX投資のベテランも、外国為替の過去の動きを分析し、将来の予測を立てています。

過去に比べて高値圏にあるのか?FX口座の資金を多めに入れておいたほうが良いのか?レバレッジはどの程度が良いのか?しっかり為替値動きの予測を立てて、今後のFX投資に役立ててください。FX必勝法の極意は、過去の為替レート、相場の動きにありです!

2007年3月の為替相場を振り返ってみると、世界同時株安の影響を受け、円高へと大きくレートが動きました。後半は117円~118円で米ドル円は推移していきました。

為替王さんのブログによると、日本(日経平均TOPIX)は2%前後下落。海外の主要先進国の株価は、NYダウが+0.7%、英国が+2.2%、ドイツが+3.0%など、およそ0~3%程度上昇したようです。特に新興諸国の株価回復力は目覚しく、月間上昇率はブラジル+4.4%、ロシア+4.2%、そして中国は+10.5%でした。

世界同時株安のきっかけを作った中国が、2桁の驚異的な伸びを記録した一方で、その影響を被った隣国の日本が下落幅を回復できていないのは興味深い、と為替王さんもおっしゃっています。

円は世界で類を見ない低金利通貨です。そのため世界中の為替相場で注目を集めています。たんに日本の景気だけでなく、外国人投資家の動きが為替相場に大きく影響を与えていることが推測されるでしょう。

外国為替レートの過去の推移を理解してシミュレーションする [為替レート]

「外国為替レートの推移」と言った時、それは「過去」のものもあります。
これを観ることによって、過去の外国為替レート推移から取引の上下の波がどのように訪れるのか、また、世界情勢と照らし合わせたときにどのような変化があるかが知ることが出来ます。
過去のものも利用する価値があるわけです。

また、最初は取引をしないで外国為替レート推移にだけ着目してシュミレーションを繰り返してみると良いかもしれません。

外国為替レート推移に見慣れていない場合で、為替取引を行いたい場合には、外国為替取引のシュミレーションサイトを利用して実際の取引の練習を行うと良いかもしれません。

「外国為替レート推移」を理解できるようになれば、通貨を交換するときの比率の相場感を得ることにもなります。

そのため、しっかりと見極める目を持っていれば、長期でも短期でも損失を減らして利益を上げることが出来るはずです。

外国為替レート推移を見る目を養って、的確な取引を行い、儲けを生み出して生きたいところですよね。

だからといって、あまり難しく考えないで、柔軟な思考を持って取り組んでいけば、間違いなく分かりやすく観ていくことが出来ると思います。
その点をしっかりと学びたいところです。

外貨購入より人民元FX [為替レート]

円高傾向が続いている今、外貨の購入をする人が増えています。今まで為替に興味がなかった人も、円高のいまこそ外貨購入のチャンスだと考える人が多いようです。

円高であるということは、外貨が通常よりも安く購入できるからです。購入後円安に転じ、また円に戻せば為替差益を手にいれることができるからです。

しかし、銀行で外貨を購入するよりも、FXでの為替取引の方が有利に運用できます。

投資方法として話題を集めているFXは、小額から始められるレバレッジや、リアルタイム取引など特徴はさまざまあります。

そのFXで注目を集めている外貨は、人民元です。
人民元は、中国通貨単位で、「CNY」「RMB」とも表記されます。

人民元はほぼ固定レートのため、為替の変動がほとんどなく、1元約16円です。

人民元が注目を集めている理由は、人民元が近々また切り上げされるのではないかと考えられているからなのです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。