So-net無料ブログ作成

為替レートはどうして変動する? [為替レート]

変動相場制においては原則として需要と供給により為替レートは変動しています。為替レートの水準も株と同じように、買いたいと思うほうが強くなり、売りたいと思われるほうが安くなります。ただし、為替レートは株式投資とは異なり、原則として相対評価であることに注意が必要です。株式投資の場合、企業の株価が円という絶対的な基準により評価されます。
一方為替取引の場合、双方の相対評価である点に注意が必要です。たとえば、円とドルの取引で考えた場合、円高・円安に動く場合、円が買われると円高になりますが、逆にドルが売られることでも円高となります。円が買われた場合は、通常ユーロに対しても強くなりますが、ドルが売られて円高になった場合は、必ずしもユーロに対しても強くなるとは限りません。

変動相場制と固定相場制 [為替レート]

為替取引は大きく「変動相場制」と「固定相場制」があります。日本円は「変動相場」の対象となっており、外国通貨との取引水準は需要と供給により日々変動しています。対して、「固定相場」とは為替レートが原則固定化されている状態です。昔は日本円も固定相場制であり、当初は1ドル=360円に固定されていました。

固定相場制

固定相場制とは、通貨間の交換比率(為替レート)が固定されている相場制を指します。ニクソンショック以前は、米ドルが唯一の基軸通貨として金(Gold)との兌換が認められていました。そのため、米ドルを基準通貨として各国の通貨は固定相場により取引されていました。
しかし、その後米ドルが金との兌換を停止したため、現在は主要国は変動相場制へ移行しました。しかし、新興国などでは現在も米ドルやユーロなどの基軸通貨に対するペッグ制を採用している国の通貨もあります。

変動相場制

変動相場制とは、通貨の取引水準を一定に固定するのではなく、為替の取引水準(為替レート)を市場の需給に任せる制度です。フロート制と呼ばれることもあります。1971年のニクソンショックの後、1973年より先進国はこの変動相場制へと移行しています。
もちろん、為替レートについて完全にマーケット任せにしているわけではなく、中央銀行による市場介入による操作や協調介入など完全なるマーケット任せにしているわけではありませんが、基本的に先進国の通貨は市場で決定されています。


米ドル (USD) 為替レート(2010-04-19) [為替レート]

その 米ドル(USD) 為替レート 米ドル 通貨のコンバーターのページ . その 米ドル(USD) 為替レート このページ上で表される、5分ごとに更新されます!
国家 ―――― ペアリング ―――― 為替
シンガポール・ドル(SGD) ―――― USD/SGD ―――― 1.3772
南アフリカ・ランド(ZAR) ―――― USD/ZAR ―――― 7.3913
スリランカ・ルピー(LKR) ―――― USD/LKR ―――― 113.9
オーストラリア・ドル(AUD) ―――― USD/AUD ―――― 1.0842
カナダドル(CAD) ―――― USD/CAD ―――― 1.0153
インド・ルピー(INR) ―――― USD/INR ―――― 44.53
ホンジュラス・レンピラ(HNL) ―――― USD/HNL ―――― 18.92
メキシコ・ペソ(MXN) ―――― USD/MXN ―――― 12.2924
デンマーク・クローネ(DKK) ―――― USD/DKK ―――― 5.5293
香港ドル(HKD) ―――― USD/HKD ―――― 7.7622
シリア・ポンド(SYP) ―――― USD/SYP ―――― 45.95
スーダン・ポンド(SDG) ―――― USD/SDG ―――― 2.2311
パナマ・バルボア(PAB) ―――― USD/PAB ―――― 1.015
スイス・フラン(CHF) ―――― USD/CHF ―――― 1.0652
モロッコ・ディルハム(MAD) ―――― USD/MAD ―――― 8.2201
クウェート・ディナール(KWD) ―――― USD/KWD ―――― 0.288
アンティルギルダー(ANG) ―――― USD/ANG ―――― 1.792
ニュージーランド・ドル(NZD) ―――― USD/NZD ―――― 1.4086
ノルウェー・クローネ(NOK) ―――― USD/NOK ―――― 5.9184
日本円(JPY) ―――― USD/JPY ―――― 92.115
アルゼンチン・ペソ(ARS) ―――― USD/ARS ―――― 3.8755
ブラジル・レアル(BRL) ―――― USD/BRL ―――― 1.7655
人民元(CNY) ―――― USD/CNY ―――― 6.831
ジャマイカ・ドル(JMD) ―――― USD/JMD ―――― 88.53
ユーロ(EUR) ―――― USD/EUR ―――― 0.7427
UKポンド (GBP ) ―――― USD/GBP ―――― 0.6543
韓国ウォン(KRW) ―――― USD/KRW ―――― 1110.3
マレーシア・リンギット(MYR) ―――― USD/MYR ―――― 3.2075



為替相場の推移 [為替レート]

為替相場の推移 アメリカドル
為替相場の推移では、一般的にアメリカドルを指すことが多いようです。というのも、そもそも為替相場という言葉自体が、たいていの場合に日本円とアメリカドルとの交換比率を意味するからです。これは、世界経済の鍵を握るものが何かをはっきりあらわしているということなのでしょう。しかし、最近ではやや事情がことなってきています。

為替相場の推移 ユーロ
為替相場の推移では、アメリカドルではなく、日本円とユーロとの交換比率もあらわすケースも多くなってきました。これまで世界経済の中心だったアメリカドルに対して、ユーロのパワーが追い迫っています。為替相場の推移を見ていると、年々ユーロが重要なポイントを占めていくことがわかります。

為替相場の推移 世界のニュース
為替相場の推移は、世界的なニュースと深く関係しています。たとえば、2008年にオリンピックが開催された中国では、為替相場にもよい影響がかなり見られるはずでした。1998年に日本で開催された時にも、円高になった例があるからです。しかし、タイミング悪く、大地震という天災に見舞われてしまいました。為替相場の推移として、好材料と悪材料が同時に揃ってしまったようなものですね。今後、中国元がどのように変化していのくかについては、意見がわかれるところです。

為替相場とは? [為替レート]

為替相場の推移を見れば何をあらわしているのかだいたいわかりますが、いきなり為替相場といわれてもなかなかピンときませんね。為替相場というのは別々の通貨を交換する場合にどんな比率になっているかをあらわしたものです。また、経済市場において別々の通貨を交換する比率のデータと言う意味も含んでいます。
為替相場の推移を見れば、これまで為替相場どのように変化していったのかが一目で理解できます。たとえば、昨年2007年の秋ごろは非常にユーロが強かったのですが、今年の同時期には逆に日本円がとても強くなっています。

FXの手数料☆外国為替証拠金取引(外為、FX)の手数料 [為替レート]

FXの手数料は1万ドルあたり往復2000円程度(片道1000円)位のところがほとんどです。

私は外為ドットコムという会社で取引をしていますが、手数料は上記同様往復2000円です。

それ以上高い手数料の会社は控えるべきでしょう。

かといって安い手数料の会社には注意が必要です。

なぜなら、FXにはAskとBidというのがあるのですが、その差額(スプレッド)も手数料と同視もしていいからです。

そして、安い手数料の会社はそのスプレッドの幅が大きくなるからです。

スプレッド幅は通貨により異なり又、同一通貨でも証券会社により異なるようですが大体4~10銭位というところです。

例えば米ドル円取引をするとしてAskー115円04銭、Bidー115円08銭とすると

円買ドル売の人は115円08銭でドル買円売の人は115円04銭で取引スタートになります。

為替が1円分円安方向に進みAsk-116円04銭、Bid-116円08銭になると

取引決済をするときには円買ドル売の人は116円04銭(0円96銭利益)ドル買円売の人は116円08銭(1円04銭損失)になり、

反対に為替が1円分円高方向に進みAskー114円04銭、Bidー114円08銭になると取引決済をするときには

円買ドル売の人は114円04銭(1円04銭損失)、ドル売円買の人は114円08銭(0円96銭利益)ということになります。

為替がa円動きスプレッド幅をb円とすると為替変動幅a円―スプレッド幅b円=利益(損失)
(為替が自分の意思と逆方向に行くときはa:マイナス)となります。

それに購入手数料(1万ドル取引あたり2000円ほど)が別に加算されます。

FXのみならず株でも手数料がいくらかかるか問題です。

手数料を最小限に抑えたいたいあなたにぴったりです!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。