So-net無料ブログ作成
検索選択

為替レートで元の推移 [為替レート]

2005年7月、為替レートの元は米ドルに対して2.1%切り上げをしました。それまでの米ドル固定相場というものから、複数通貨バスケットを参考とする管理フロート制というものへと移行しています。そして、為替管理に対する改革も進んだことで、銀行間における相対取引が解禁となり、また規制緩和も行なわれています。2008年には念願の「北京オリンピック」、そして2010年には「上海万博」とイベントも続き、国際的な注目も上昇し、その一方で、中国元の国際化がクローズアップされているのです。しかし、FX通貨ペアとして取扱っている会社がまだ多くないので、本格的な国際通貨として成長するためには時間がかかると思われます。外国為替市場における銀行間レートは、世界中で相対取引で個々の銀行同士で売買している通貨の値段を指します。そして、スムーズに貿易を行うなどの理由で、貿易の際、自国の通貨を結び付きの強い国において使用される通貨と連動させて、為替レートが一定に保たれるという反面、連動していない場合の通貨との為替レートでは変動します。取引ごとで、正確な値段表示をするということは、不可能ですが、銀行間によるネットワークは、極めて緊密な情報の共有ということが図られているので、相場の伝達は常に行き届いているため、大差は生じないということから、リアルタイム為替レート・元というものは、参考値として指標となっているのです。

為替レート、元 [為替レート]

為替レート元についてですが、2005年6月まで、中国通貨の元(人民元)は、1ドル=約8.28元という固定相場制でした。本来ならば、中国の経済成長から鑑みれば、元の価値は当然もっと高くなるのが相場なのですが、そうなると、輸出によって儲けている中国にとって、不利益が生じるという思惑から、常に1ドル=8.28元程度となるように、為替市場に中国人民銀行が介入して調整していました。為替レートの元の過去の為替チャートからもわかるように、円と元ならびに、円とドルの為替相場は、大体にして同様に連動して推移していました。しかし、通貨バスケット制導入を中国政府が発表してからは、人民元の切り上げへと踏み切ったのです。最も大きな原因は、アメリカによる切り上げ圧力ですが、為替介入をするための負担が膨らみ過ぎた点も要因であると思われます。中国の外貨準備高(為替介入による外貨建て資産や相手国の国債など)は、約7000億ドルにまで膨れ上がって、2005年6月の段階では、日本に次いで世界第2位の規模となっています。「元売り=ドル買い」という為替介入をする度に、ドル建て資産を中国政府が抱えることになり、世界銀行の試算では、現在の為替レート元「1ドル=約8.2元」は、購買力平価にて試算すると、約5分の1の評価であろうとされています。つまり、現在の5倍という元高になるかは別として、少なくとも将来的に「元高=ドル安」の形になって行くであろうことは、ほぼ間違いないでしょう。

ドル円(USD/JPY)の特徴 [為替レート]

ドル円(USD/JPY)は、米国のドル、日本のを売り買いする通貨ペアです。長年、ドル、ユーロ、円と世界の三大通貨として米国のドル、日本の円は重要な役割を担ってきましたが、ユーロの台頭、アジア金融センターの中心がシンガポールに移るにつれ、その大きな役割は薄れつつあります。しかしながらいまだドル円は、外国為替相場において、ユーロドル(EUR/USD)に次いで取引量の多い通貨となるため、現時点でも米国、両国の経済・財政が世界経済、外国為替相場に与える影響は非常に大きいとも言えます。

いっぽうFXで見るとドルは個人投資家から最も、人気のある通貨です。FXを始めたばかりの初心者の方から、中上級者まで、ドル円を取引したことがない方はいないでしょう。ドル円はその値動きに特徴があり、非常に取引の楽しさを実感できる通貨ペアであると思います。

為替はさほど変わらず [為替レート]

欧州株は下落FTSE5000割れです。DAXは5330、CACは3557まで下げました。NYダウもこのまま下げか。
欧州は2週間で1割下げましたね。

米ドルは90.21と90台復帰、ユーロは132.13、豪ドルは80.71、カナダドルは83.34、スイスフランは87.38とこの2週間くらい大きな動きなしです。日本市場が休みだったので、あまり動かないです。ポンド147.04、NZドル64.31、南アフリカランド11.37とさほど変わりありません。

香港ハンセン指数は21240.261と380ポイント下落です。

為替の下げより株価の下げの方が大きい。なおかつ今回は欧州株が下がった。日経とかNYダウはまだましですね。

でもこのまま下げ傾向が続くと、明日の日経スタートは9650くらいですか。

海外先物も今日は下げています。ブレンド原油、WTI原油、天然ガスなども下げています。

米ドルが少し下がりました [為替レート]

94円あったのが93円65銭まで下げました。ユーロは133円65銭前後、ポンドは15180銭ですか。ずいぶん下げました。豪ドルは78円あるのでまあキープです。またレンジ相場ですが、選挙を境にどちらかにふれる可能性があります。民主党予想通り対象なら上抜け、勝ちは勝ちでも内容が悪いと下げという予想もありますが、それも分かりません。予想もしないところで下がるのが為替ですから、特に今は短期トレードでいいでしょう。

日経株価も上げ下げが激しいです。今日は下げて1047397銭程度です。10000円はキープできるだけの力はついたか。ただ9月大きく下がる可能性は少ないが否定もできないというところです。おそらく民主大勝で株価は上昇ですね。ここまで民主大勝だとがっかりですね。自民支持者ではありませんが、ここまでだと困る。

アジア株価は香港ハンセンと上海で大幅下落です。欧州株価はイギリスFTSE100、ドイツDAX、フランスCACはあまり変わらずです。米国株価は欧州株に倣う傾向が強いので、たぶん大きくは動かないか・・。

商品先物は基本的に原油、金、銀など主要先物は全部上昇です。ただパラジウムだけ下落です。先物の動きは為替や株価に連動していないので分かりません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。