So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2009年12月 |2010年01月 ブログトップ

為替レートに関する質問情報を掲載しています [為替レート]

為替レート相場予想を質問する方」に対して逆に質問します。Yahoo知恵袋で為替レート相場予想を質問する方が散見されます。ところで私の個人的見解ですが、「未来は予測出来ない」と考えています。よって私には質問する方の意図が理解出来ないので教えてください。なお「未来は予測出来ない」根拠としては下記に記載の通りです。 ①将来、円高・円安・あるいは現在の水準が続くかはノーベル経済学賞受賞者級の経済学者でもわかりません。

予想は予想なのですよ。 為替が動く要因は様々ですが、それらの要因の動きに常に着目することで、為替の動きを予測するのですよ。何事も100%予測することは不可能だが、60%~80%の予測は可能なのですよ。ただし、予測にも超短期のものもあれば、長期のものもあります。数時間、1時間、数時間、1日、数日、1~2週間、・・・半年、1年と予測する時期によっても活用するデータ・情報は異なるのですよ。絶対に予測ができないというのは、為替が動く要因をまったく知らないということになります。

為替相場制 [為替レート]

為替レートというのは、異なる通貨の交換比率のことをいいます。また、為替レートは、外国為替市場で通貨同士が売買され、その需給関係によって価格が決まる仕組みになっています。

為替レート(かわせれーと:Exchange Rate)とは、外国為替取引におけるそれぞれの通貨間の取引レート(交換比率)のこと。近代における通貨は各国の政府または中央銀行が発行し、法的な裏づけを与えられて利用されるが、その効果が及ぶのは自国内のみであるため、他国での取引をする際はその国の通貨お用立てる必要がある。この際の通貨間の交換比率を決定するものが為替レートとなる。

なお、為替レートが一定の値に固定されているものを「固定相場制」、為替レートがそれぞれの国の経済状況需給などにより変動するものを「変動相場制」と呼ぶ。現在はほとんどの先進国においては「変動相場制」が採用されている。

為替レートは、それぞれの国の間で計算をするとその数は非常に多くなる。そのため、現在は米ドルを中心とした「クロスレート」という方法で為替レートは計算されている。

これはある国と別の国の為替レートを計算する際、それぞれの国の間でレートを決めるのではなく、米ドルとの交換レートを元に計算する方法である。

-|2009年12月 |2010年01月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。