So-net無料ブログ作成
検索選択

外国為替相場は国力の鏡 [為替レート]

「外国為替相場は国力の鏡」という言われ方をします。外国為替相場で交換取引される異なる2国の通貨は、使用する通貨を交換するだけではありません。たとえば日本人がアメリカ旅行をするために日本円を米国のドルに交換する行為は、米ドルを使用するための外国為替取引(交換取引)になります。

しかし外国為替相場では、絶え間なく流れてくる各国の経済情勢や経済予想、事故、気候変動によるニュースにも敏感に反応をします。

例えば米国の雇用情勢が悪い(米国雇用統計の数字が事前予想よりマイナス発表がされた)、政策金利の引き上げ観測がだされた(FRB議長がFFレートの引き上げに関するコメントを発表した)、米国の西部沿岸地域がハリケーンで被害を受けそうなど、様々なニュースをもとに米ドルは買われたり、売られたりします。そして米ドルを受け取る(買う)ためには、払う(売る)通貨があるわけです。それが日本の円であったり、ユーロであったりします。このように買いたい通貨があれば、売りたい通貨が存在するのです。当然売りたい通貨は、その国の経済情勢がよくなかったり、経済成長が見込めない国の通貨であったりします。このように外国為替相場の為替レートの動向をみると世界中の人たちが、その国をどのように見ているのか、また世界経済の動向をどのように判断しているのかを見ることができるのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。