So-net無料ブログ作成

円高・円安のしくみ [為替レート]

円安とは

ドルとの取引を考えた場合、1ドル100円で取引されている為替レートが、1ドル110円になることを円安と呼びます。円安=円の数字がが大きくなっているので、勘違いされるかたが多いですが、1ドル100円が1ドル110円になるということは、今まで100円出せば1ドルの商品が買えていたのに、1ドル110(円安)になると1ドルの商品を買うために110円を出す必要があるのです。
つまり、円安=円の価値が相対的に下がることを指します。「相対的」というのは、円の価値低下または、円取引相手通貨の価値上昇により引き起こされるためです。つまり、円の価値は下がらなくても、取引相手通貨の価値が上がると、相対的に価値が下がってしまうわけです。
円安になると、経済にどんな影響がある?

円安になると、経済・景気にはどのような影響があるのでしょうか。基本的に日本は素材・材料を輸入して、それを加工して輸出する加工貿易が産業として大きな影響を受けています。そのため、経済全体には安=商品が高く売れるということになりますので、円安が経済に対しては有利です。
輸出産業:有利
輸入産業:不利
海外旅行:不利


円高とは

ドルとの取引を考えた場合、1ドル100円で取引されている為替レートが、1ドル90円になることを円高と呼びます。円安とは反対に、これまで1ドルの商品を買うのに100円必要だったのに、円高になることで、90円で同じ買い物をすることができます。つまり、円高=円の価値が相対的にあがることを指します。「相対的」というのは、円の価値上昇または、円取引相手通貨の価値下落により引き起こされるためです。
円高になると、経済にどんな影響がある?

円高になると、輸入する際に、少ないお金で海外からモノを買い付けることができます。そのため、海外のブランド品などをやすく輸入できます。よく「高還元セール」などと銘打たれることありますが、これはこういった仕組みによるものです。逆に、輸出企業は販売した商品を安くしか売れませんので利益が減少してしまいます。
輸出産業:不利
輸入産業:有利
海外旅行:有利
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

魔羅マラ夫


にょひょほほほほ!!!!(゚∀゚≡゚∀゚)
昨日セレヴとセックチュしたら、まさかの12万ゲットォォォォ!!!!
熟れたボディも思ってたより工ロくてウマウマ(゜∀゜)でちたwwww
http://Kasira-d.net/vvv/62zh7kc/
by 魔羅マラ夫 (2010-06-03 04:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。