So-net無料ブログ作成
検索選択

為替レートの需給バランスの要因は? [為替レート]

一、経済力の差
基本的に、経済力の強い通貨が買われます。

例えば、日本よりも米国の景気が好調であるということであれば、米ドルが買われ、円が売られるというような感じです。


二、金利
為替レートの需給バランスは、金利差の影響も受けます。

例えば、米国の金利水準が日本の金利水準よりも高ければ、米ドルが買われて円が売られることになります。

しかしながら、外国為替市場の場合には、常にマーケットが関心を示すテーマが変化しています。

しばらく金利差をテーマに円安に為替レートが動いていたのに、突然、米国の景気がテーマに変化し急激な円高になるというようなことはよくあることです。

よって、現在、外国為替市場の取引に参加している人たちが、何に関心を持っているのかをいち早く把握することが、相場の先行きを読むためのポイントになります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。