So-net無料ブログ作成

ルピーの為替レート推移チャート図 [為替レート]

インド中央銀行が適時、為替介入を行っている為に、BRICs諸国の中でもインドルピーの為替相場はかなり安定しています。米ドルと連動するように為替介入を行っており(ペッグ制)、円とルピーのレートグラフは、円とドルのレートグラフと見事なまでに酷似しています。

為替介入時には、外貨・外貨建て資産を購入する事になる為に、インドの外貨準備高(為替介入で入手した外貨資産残高。通常は相手国の国債で保有。)は年々増えつづけ、2004年には1200億ドルを突破しました。これは世界でも第6番目に相当する、莫大な金額です。

実はインドの貿易収支は赤字であり、膨大な貿易黒字を積み上げている中国と違い、為替介入してペッグ制(ドル高=ルピー安)を保つ必要はありません。しかし、海外からの投資を誘致したり、外国企業との取引を拡大させる上では、ペッグ制を取って為替レートを安定化させる必要があります。先進国同士のように、経済的な信頼関係が築けるレベルには達していないからです。

為替介入すればレートは安定しますし、外貨準備が多ければ自国通貨が暴落する「通貨危機」にも対応できるので、経済に対する信用性が高まります。かつてアルゼンチンや韓国などが通貨危機の末にデフォルト(国家破産)に陥ったのも、外貨準備が十分であれば避けられたかもしれないのです。

しかしこれだけ多額になってしまった外貨準備高は、将来的にはインド経済に負の遺産を残す可能性が極めて高いです。貿易収支は赤字でも、インドの経済成長力は先進国をはるかに凌駕しているので、長期的に見れば為替はルピー高になっていくことは確実です。そうすれば、外貨準備金はルピーベースで見れば目減りすることになります。

この問題は、中国などペッグ制を取る新興国が抱える、共通の問題だと言えます。その為、将来的にはインドも為替介入を止めて、変動相場制に移行せざるをえないのは間違いありません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。